Leanerの事業開発
🚤

Leanerの事業開発

Leanerのビジネス組織

Leaner Technologiesのビジネス職ご紹介ページへようこそ!

わたしたちは、「調達・購買」という、すべての企業にとって不可欠で、利益創出において重要な活動をご支援しています。

日本の未来をよくするために、長年解決されてこなかった業界の課題を、自分たちがリーダーシップをとって切り拓いていく。そんなチャレンジに取り組むチームについて、ご紹介していきます!

※くわしくは、会社紹介ページもどうぞ!

🤝 カルチャー

私たちは、こんなカルチャーを大切にしています

🔥
”All-In-Customer Success” すべてはお客様の成功のために
👐
オープンであろう(Be Open) お客様に価値を提供するためには、強みの異なるメンバーがコラボレーションする必要があると思っています。透明性を高め、心理的不安をとりのぞくことで、チームのポテンシャルが発揮されると信じています。
0️⃣
ゼロベースで考える(Explore Every Avenue) スタートアップは、基本的に”ないもの尽くし”です。いまあるものに頼り、小さく考えるのではなく、顧客のためにできることをゼロベースで考え抜くことが大切だと考えています。
🫀
サービスとしてやり抜こう(Grit as a Service) わたしたちは、テクノロジーの力で世の中を変えていくスタートアップです。プロダクトの価値を高め、プロダクトを通じた価値提供にこだわり抜くことが、ひいてはカスタマーサクセスにつながると信じています。
🏄‍♀️
小さく早く失敗し、学ぶ(Fail fast, Recover faster) スタートアップであるわたしたちの強みは、1にも2にも ”スピード”です。顧客の成功につながるなら、失敗を恐れずまずはやってみる。もし失敗しても、失敗からすばやく学ぶことが、次の挑戦の財産になると信じます。
👼
人の可能性に期待しよう(Bet on Growth) わたしたちは、人ひとりの可能性を信じています。だから、周囲の成長に期待を賭け、サポートを惜しまない集団でありたい。そして、自分自身の成長にも期待と責任を持てる、そんな文化を大切にしたいと思います。

メンバー紹介

仕事のすすめ方

組織体制

私たちは、プロダクトごとに1つのチームを組成し、事業開発に取り組んでいます。

なので、考え方としては、たとえば ”セールス”だけで1つのチームとして完結する、という意識はありません。むしろCSやOps、エンジニアリングと一体となった”One Team”で事業開発に取り組むイメージです 🏈

こうすることで、お客様からいただいたフィードバックをチームに還元しながら、よりよいプロダクトを磨き込み、お客様に価値をご提供しています。

image

仕事概要

🚀
Bizdev.

使っているツール

主に、3つの目的に即して、さまざまなツールを導入・活用しています。

🚅
オペレーションをできるだけ効率化し、事業開発のスピードを上げるため
🧑‍🤝‍🧑
チーム・個人間での情報の非対称性をへらし、コラボレーションを最大化するため
📈
“ノリと勢い”ではなく、客観的な情報をもとにできるだけ精度の高い意思決定をするため
image

🌍 More Info

Leanerの事業や開発情報について、スライド資料として整理しています。

まずはカジュアルにお話しましょう

少しでも気になったらまずはカジュアルにお話しましょう!

🤭 スタートアップに入ってみて…実際どうだった?

😋 これまで・いま、どんなことをしているの?

🥵 立ち上げの苦悩…どうだった?