LeanerのPD Work time

LeanerのPD Work time

Leanerではエンジニアチームが週に一度集まって、みんなでモブプロしたり、コードベースのリファクタリングや、チームについて話し合ったりする時間をPD Work timeと呼んでいます。

はじまった背景

Leanerではエンジニアメンバーが少ないため、一人一人が自分の裁量をもって独立して動いていることが多いです。そのためエンジニア通しの横のつながりが薄いことに課題意識を感じていました。

それを解決する手段として、みんなで週一時間モブプロやってみてはどうか、と始まったのがきっかけです。

モブプロからPD Work timeへ

何回かモブプロをやってみて、メンバー間のコミュニケーションが取れるようになってきました。ですが、モブプロという形式に正しく沿ってできていたか、というとそうでもありませんでした。

当初の問題意識である「横の連携をみんなで取る」という目的に立ち返ってみると、モブプロはその手段の一つという位置付けの方がしっくりくるようになりました。

image

みんなで話し合って名前をPD Work timeに変えることにしました。

どんなことをやっているか

コードベースの用語の確認であったり、インフラ周りの改善やリファクタリングの検討をしたり、最近ではエンジニア組織のあり方を見直したり、新規メンバーが入ったのでチームビルディングのワークショップをやりました。

image

最近だとドラッガー風エクササイズというワークショップを通じてメンバー間の期待値をすりあわせるなどチームとしての価値観を深めました。

これらの活動をきっかけにチームの連携が強化され、機能を手早く実装できたり、大規模なリファクタリング方針について合意するなど、幅広く成果を出せるチームとして成長できている感覚があります。

ダブルループ学習を促す効果

PD Work timeでは普段のプロダクト開発から一歩引いた視点でプロダクトやチームのためになることに取り組むことが多いです。目の前のタスクではなく、より広い視野について話すことで、ダブルループの学習を促すことができていると感じています。

プロダクトのエンジニアリングを長期的に改善するための計画だったり、チームとしてのあり方を再フレーミングする機会として有効に活用していきます。

あなたも参加してみませんか?

PD Work timeはLeanerに興味のある採用候補者の方にもゲストとして参加していただいてます。Leanerのエンジニアリングチームの雰囲気を知ってもらうにはとてもよい場だと思っているので、興味ありましたらぜひお問い合わせください。

参加者の方の感想

外部から参加していただいた方の感想です。

部外者として参加してみていいなと思ったことは以下の通りです。 ・ドキュメント文化が根付いている ただコードベース見てあーだこーだ言って終わりではない あらかじめ議題の現状と今後のアクションプランをドキュメント化していた ドキュメントをもとに話を進めていたので話し合いがスムーズだったのが良かった ・PdM(ビジネスサイド)も参加している オブザーバでもすごい! 開発環境改善活動ってエンジニアチームで閉じがちなイメージがある ビジネスサイド含めて会社全体でエンジニアチームの活動を大事にしている感があった