Leanerのエンジニアリング
🛠

Leanerのエンジニアリング

Leanerのエンジニアリングについて紹介します。

事業・プロダクト

Leanerは企業のコストを適正化するための支出管理プラットフォームです。現在は Leaner見積 https://leaner.jp/procurement/ という見積業務を管理するBtoB SaaSを開発・運営しています。

見積業務とは
見積業務とは

会社・事業についてより詳しく知りたい方は

へどうぞ!

組織

こんなエンジニア・デザイナーが集まってる会社です

🔥  気の合う仲間とスタートアップ企業で成功する体験をしたい

💝  ただプロダクトをつくるだけでなく、ユーザーに価値を届けたい

👯  ただコードを書くだけでなく、ビジネスサイドと積極的に会話をしたい

Leanerの強み

💪
ニッチな事業領域で競合が少ないため、顧客に向き合ってプロダクトをつくれる
😎
経営陣を始め、セールス、CS、オペレーターの全員がプロダクトとエンジニアリングに理解がある
🧗
ただプロダクトをつくるだけでなく「使って、価値を感じてもらえる」ことにチームでフォーカスしている

Leanerの弱み

😭
toB サービスなので、一般的な知名度が低い (toB の中でもニッチな領域)
😢
(今のところ)技術的に大きなチャレンジをしているわけではない

Leanerのチームづくりの特徴

😊
職種でチームを分けない

顧客要望に柔軟に対応するために特定の職種で分けることはしない。エンジニアだけが持つ目標数値(OKRやKPIなど)は存在しない。

😇
コミュニケーションのハブを避ける

特定の個人がコミュニケーションのボトルネックにならない。

例えばPdMは全体のバランスを保ちながら開発をリードするが、詳細な仕様はエンジニアとセールスが直接コミュニケーションして検討する

👭
リスクはチームで分散する

誰か一人だけが頑張っている、辛い思いをする、のではなくチームで負担する。フロントエンドやバックエンドの専任をつくらない。

特定の個人やチームが特定の領域に固定されないようにする

より詳細な話はこちら

👯
Leanerチームづくり 2021年12月版

プロダクト開発

🪄
ムダを省く魔法

カスタマーサクセス、オペレーションチームのがんばりによって、開発のムダを省いています。開発リソースを本格投入する前の仮説検証を大事にしています。

😆
エンジニアとセールス・CS(カスタマーサクセス)が直接会話する

Leanerではエンジニアとセールスが直接会話をします。マネージャーなど代表者が間に入ることはありません。職能によるチーム関係は存在せず、プロダクトを中心にチームを構成しています。

🔪
使われない機能は積極的に削除する

CSと直接会話する機会が多いため、開発する機能の名称・仕様についても一緒に議論します。そのうえでユビキタス言語を整理し、使われなくなった機能があれば積極的に削除しています。

Leanerの開発プロセス

Leaner 開発プロセス 2022年06月版

こんな人を募集してます

🥰 Leanerに合う人

  • プロダクトを通してユーザーの課題を解決することにモチベーションを感じる
  • 課題解決のためにセールス・CS・Opsと建設的な会話が必要だと思う

エンジニアリングに軸を起きつつ、他領域にも越境したいと思う人に適してます。

🙇 Leanerに合わない人

  • 特定の技術領域を自分がリードしたい
  • 開発とセールス、カスタマーサポートは明確に役割が分かれていて欲しい

エンジニアとしてやりたいことが明確であればあるほどLeanerには合わない可能性が高いです 🙇

募集職種

  • フロントエンドに強いエンジニアが入ってくれると嬉しいです
    • バックエンド・インフラ(AWS)・QAも随時募集してます
  • デザイナー
    • BtoB SaaSのデザインに関心がある人を募集しています

チーム状況は随時変わりますので、詳細はカジュアル面談でお問い合わせください!

メンバー紹介

技術スタック

コミュニケーション

  • GitHub
  • Slack
  • Notion

インフラ

  • AWS ECS
  • AWS Amplify

プロダクトA

  • バックエンド
    • Rails6 / Ruby 3.0
  • フロントエンド
    • Vue2 / Nuxt2
    • (Reactに移行したい…)

    • TypeScript

プロダクトB

  • バックエンド
    • Rails7 / Ruby 3.1
  • フロントエンド
    • React / Next.js
    • TypeScript

働き方・福利厚生

  • フルリモートワーク
    • ミーティングもすべてオンラインが前提
  • フルフレックス
    • 家庭や個人の事情で適宜中抜けしてOK
  • sick leaveあり

給与水準

  • 720 ~ 800万円

チームビルディング

Dev WorkTime

Leanerではエンジニアチームが週に一度集まって、みんなでモブプロしたり、コードベースのリファクタリングや、チームについて話し合ったりする取り組みをしています。

LeanerのDev WorkTime

開発合宿

More Info

Leanerの事業や開発情報について、スライド資料として整理しています。

テックブログ

テックな話や、チームの話を発信しています。

Podcast

Podcastでも定期的にプロダクトのことやチームについて発信しています。

まずはカジュアルにお話しましょう

少しでも気になったらまずはカジュアルにお話しましょう!

Rails API + Next.js SPAの理想について雑談したい

株式会社 Leaner Technologiesの中の人 株式会社Leaner Technologiesの黒曜です! 弊社ではアプリケーションを Rails API + Next.js SPA で構成しています。 この構成で嬉しいところと困っているところが色々あるので、「事例を聞きたい」「同じような構成でやっている」といった方とぜひお話したいです。 全く同じでなくても、サーバサイドとフロントエンドを分けていてどちらかが共通していればそこについてお話しましょう! (ついでに弊社の紹介もちょろっとさせてもらえると嬉しいです) ■ 弊社の技術スタック Leaner の技術スタック紹介(2021年7月版) という記事で公開しているので、こちらをご覧いただくと現状が大まかに伝わるかと思います。 https://zenn.dev/leaner_tech/articles/20210709-leaner-techstack-202107 開発ブログには他にも技術構成やTips記事などを公開しているので、よければぜひご覧ください! ■ 嬉しいところ ・Railsの責務が減ってRequest Specでほぼ網羅できるのでシンプルにテストできる ・Next.jsでは細かいドメインロジックをバックエンドに任せられるので、UIの役割に集中できる ・1つのデータソースに利用者ロールの違う複数のフロントエンドアプリケーションという構成を簡単に実現できる ・そこまで複雑でないWeb APIだと、結局Railsが楽かつ素早く実装できる。特にDB接続をActive Recordに任せられるのが強い(個人的な感想) ■困っているところ ・認証のベストプラクティスがあまり固まってなさそう(Google Identity Platformを使っている) ・Next.jsをSPAとしてexportするとDynamic Routesの扱いに困る ・フロント/バックエンド間のインターフェイス定義が大変(OpenAPIスキーマをStoplight Studioで記述しているが、うっかりするとめっちゃconflictする) こんな人におすすめ Rails API を使っているエンジニア Leanerの技術情報について聞いてみたいエンジニア 面談時間

Rails API + Next.js SPAの理想について雑談したい

参考:

Leaner 採用情報
Leaner 採用情報
👨‍💻
[募集職種] Webアプリケーションエンジニア
👩‍🚀
[募集職種] デザイナー